トップページ > iPhone12 > iPhone12の磁石、医療機器への影響はこれまでのiPhoneと同等と説明
2020年10月30日 17時10分

読了まで 24

iPhone12の磁石、医療機器への影響はこれまでのiPhoneと同等と説明

iFixit_iPhone12 iPhone12 Pro_021


 
Appleが最近更新した安全性に関する情報で、バックパネルに多数の磁石を搭載したiPhone12でも、医療機器に及ぼす影響はこれまでのiPhoneやiPadと変わらないと記載しています。

背面磁石内蔵も、影響はこれまでと同じ

iPhone12のバックパネルには、MagSafeワイヤレス充電パッド用の磁石が内蔵されていますが、それによって医療機器におよぼす影響がこれまでのiPhoneよりも高いとは予測されていないと、Appleは説明しています。
 
AppleはiPhoneユーザーズガイド「iPhoneの安全性に関する重要な情報」にて、下記のように記しています。
 

医療機器への干渉
 
iPhoneには、電磁場を発生させる磁石などの部品および無線送信機が含まれています。こうした磁石や電磁場はペースメーカーや除細動器などの医療機器と電波干渉を起こすことがあります。
 
iPhone 12の全モデルには以前のiPhoneモデルより多くの磁石が含まれていますが、以前のiPhoneモデルよりも医療機器への磁気干渉リスクが高くなることは予測されていません。
 
お使いの医療機器に特有の情報や、医療機器とiPhoneとの間に安全な距離を保つ必要があるかどうかについては、医師および医療機器メーカーにお問い合わせください。医療機器には多くの種類があり、通常は、ワイヤレスまたは磁気製品の周辺で干渉を受けないように保護し、機器を安全に使用するための推奨事項がメーカーによって示されています。iPhoneがお使いの医療機器に干渉している疑いがある場合は、iPhoneの使用を停止してください。

 
 
Source:Apple, ペースメーカ協議会
Photo:iFixit
(FT729)
 
 

カテゴリ : iPhone12, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる