トップページ > iPhone > Apple、iPhone12 Proの需要大でLiDAR部品発注数を増加
2020年10月29日 23時53分

読了まで 23

Apple、iPhone12 Proの需要大でLiDAR部品発注数を増加


 
10月23日発売のiPhone12 Proの需要が当初予想を上回っているため、AppleがLiDARスキャナ用VCSELチップの発注数を増やしていると、台湾メディアDigiTimesが報じています。

予想外のiPhone12 Pro人気に驚く

同メディアによると、iPhone12 Proの需要が、特に米国において非常に高いため、Appleは同モデルが搭載するLiDARスキャナ用の垂直共振面発行レーザー(VCSEL: Vertical Cavity Surface Emitting Laser)チップの発注数を増やしている模様です。
 
現在、同時に発売されたiPhone12の納品までの日数が2日〜3日であるのに対し、iPhone12 Proの同期間は2週間〜3週間まで延びているようです。
 
AppleはiPhone12 ProよりもiPhone12が売れると見積もり、後者の在庫を多く準備していたため、予想外のiPhone12 Pro人気に驚いている、とDigiTimesは伝えています。

VCSELチップメーカーは収益増を予想

VCSELチップメーカーおよびFace ID向けに3Dセンサーを供給するサプライヤーは、11月13日のiPhone12 Pro Max発売でさらにProモデル売上に弾みがつき、これら部品への需要は当面続くと確信を高めています。
 
iPhone12 Pro向けにVCSELチップを供給しているとされる台湾Win Semiconductorは、Proモデルの好調な売上により、2020年第4四半期(10月〜12月)の収益が前四半期よりも増大すると見ています。

 
 
Source:DigiTimes via MacRumors
(lunatic)

 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる