トップページ > iPhone12 mini > iPhone12 miniの販売見通し、当初予測から増加〜サプライヤーに部品追加発注
2020年10月21日 00時15分

読了まで 152

iPhone12 miniの販売見通し、当初予測から増加〜サプライヤーに部品追加発注

iPhone12 pre order


 
台湾DigiTimesが、中国以外のアジア圏におけるiPhone12 miniの販売見通しが当初予測よりも増加する可能性が高いため、Appleは同モデル用のサブストレートプリント配線板(SLP)メインボードの追加発注を行う可能性が高いと報じています。

中国市場以外の、アジア圏の販売見通し増加

アナリストのミンチー・クオ氏は、iPhone12 miniの販売見通しについて、「中国市場での人気が望めない」として10%程度に引き下げていますが、中国以外のアジア圏における販売は予想を上回る可能性が高いため、Appleは同モデル用のSLPメインボードを供給する台湾Compeq ManufacturingとUnimicroに追加発注を行う可能性が高いとDigiTimesが伝えています。

アジア圏以外でも大きな期待

台湾DigiTimesが報じたアジア圏での販売見通し増加に加え、他の地域でもiPhone12 miniは人気を集める可能性が高そうです。
 
米国のApple製品専門メディアCult of Macは、「iPhone12 miniはここ数年最も期待されていたモデルだ」と紹介している他、米オンラインマーケットSellCellの購入意識調査では、44%のユーザーがiPhone12 miniの購入を検討していると伝えられています。
 
 
Source:DigiTimes via iMore
Photo:Apple Hub/Twitter
(FT729)
 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる