トップページ > 最新情報 > iPhone12シリーズのフロントガラスもCorningが開発〜耐落下性能が4倍
2020年10月14日 14時25分

読了まで 151

iPhone12シリーズのフロントガラスもCorningが開発〜耐落下性能が4倍

iPhone12 Ceramic shield 2


 
Wccftechによれば、耐落下性能が4倍向上し割れにくくなったiPhone12のディスプレイガラスも、「Gorilla Glass」の供給元として知られるCorningが開発したようです。

Ceramic Shield採用により、耐落下性能が4倍アップ

iPhone12 ceramic shield
 
Appleは、iPhone12のディスプレイガラスにCeramic Shieldを採用し、素材自体を強化したと説明しています。Ceramic Shieldは、通常、透明ではないセラミック・クリスタルの種類と結晶化の程度をコントロールすることで、強度を保ちながら高い透明度を実現しています。
 
iPhone11までの2.5Dガラスを止めガラス面とフレームの高さを同じとしたこと、Ceramic Shieldを採用したことで、iPhone12シリーズのディスプレイガラスの耐落下性能が4倍向上しました。この新しいディスプレイガラスは、Corningが開発したようです。

両社の密接かつ良好な関係

AppleとCorningの関係は深く、Appleが米国内で高度な製造業を創出するために立ち上げたファンド「Advanced Manufacturing Fund」による最初の出資先に選ばれた他、折りたたみiPhone用ガラスディスプレイの開発も、Corningが担っているようです。
 
 
Source:Wccftech
(FT729)
 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる