トップページ > 最新情報 > Apple対Epic Gamesのフォートナイト裁判、2021年5月に正式スタート
2020年10月8日 00時01分

読了まで 228

Apple対Epic Gamesのフォートナイト裁判、2021年5月に正式スタート

apple epic games フォートナイト 裁判


 
App Storeが反トラスト法(独占禁止法)に抵触しているかどうかを巡る、AppleとEpic Gamesの裁判が、2021年5月3日に始まることが分かりました。

これまでの経緯

AppleとEpic Gamesの戦いは、2020年8月に突如勃発しました。Epic Gamesの世界的人気アプリ「フォートナイト」でAppleを介さずにアイテムを購入できる選択肢を提示したためです。Appleの定めた規約では、App Store経由でダウンロードしたアプリ内で課金が行われた場合、デベロッパーは手数料として30%をAppleに納める必要があります。しかしAppleはApp Store以外のサードパーティーストアを認めていないため、iOSのアプリは必ずApp Storeを経由しなければなりません。規約に違反したとして、フォートナイトは即日ストアから削除されました。
 
そこで30%を半強制的に徴収する“Apple税”こそが健全な競争を阻害しているとEpic Gamesは主張、反トラスト法に違反しているとしてAppleに対して訴訟を起こします(Appleも反訴)。
 
提訴にあたっては、Appleによる市場の独占が批判されるとともに、裁判が決着するまでのフォートナイト取り下げ措置の取り消しが請求されました。AppleのCMを当てこすったキャンペーンやティム・スウィーニー最高経営責任者(CEO)の発言がSNSで大きな注目を集めるなど、当初の流れはEpic Gamesに有利なように見えました。
 
しかし、いざ事前審理が始まると一挙に流れは変わります。
 
AppleによるEpic Gamesの関連アカウント削除こそ退けられたものの、それ以外はAppleの言い分がほぼ認められました。審理を担当するイボンヌ・ロジャーズ判事は、App Storeが市場を独占している証明ができていないとし、ストアから削除されることが明白でありながらユーザーを人質にとって規約に違反したEpic Gamesの行動を「誠実ではない」と批判しました。また、30%の手数料が業界の基準から外れてはいないとの意見も示しました。

今後の流れを決定づける裁判に

風向きが自分たちに有利だと判断したのかは分かりませんが、審理が終わった段階で、Appleは当初表明していた陪審員裁判の希望を取り下げ、判事の「Epicの訴訟とAppleの反訴を一本化したい」との提案を受け入れる形で、裁判官の判決に従う意向を表明しました。
 
これによって、2021年5月3日にAppleとEpic Gamesの裁判が正式に開幕することになりました。AppleとEpic Gamesの双方は、2020年10月15日までに意見書をまとめて提出する必要があります。判事が「反トラスト法問題の最前線」と表現するように、この裁判は今後のAppleとデベロッパーの関係を大きく決定づける裁判になると言えるでしょう。
 
 
Source:AppleInsider
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる