トップページ > Apple Watch > Apple、watchOS7.1‌パブリックベータ2を登録ユーザー向けにリリース
2020年10月2日 10時00分

読了まで 140

Apple、watchOS7.1‌パブリックベータ2を登録ユーザー向けにリリース

ソロループ


 
Appleは現地時間10月1日、watchOS7.1のパブリックベータ2を登録ユーザー向けにリリースしました。

血中酸素濃度アプリと文字盤が復活

開発者向けのwatchOS7.1のベータ2は、2日前にリリースされています。
 
watchOS7.1パブリック‌ベータ2は、Apple Beta Software Programのサイトより構成プロファイルをインストールした後にダウンロードできます。新しいソフトウェアは、iPhoneのApple Watchアプリの[一般]>[ソフトウェア・アップデート]よりダウンロードできます。アップデートするには、Apple Watchが50%以上充電されており、充電器に接続された状態でiPhoneの通信範囲内に収まるように置いておく必要があります。
 
watchOS7.1の最初のベータ版では、目立った変更点などは確認されていません。watchOS7のアップデートで対処できなかった、内部的な問題の改善と、バグの修正に焦点を当てている可能性もあります。
 
今回のアップデートでは、watchOS7.1のパブリックベータ1で無効化されていた血中酸素濃度アプリと文字盤が、再び利用できるようになりました。
 
 
Source:MacRumors
(m7000)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる