Apple、watchOS7.1‌ベータ2を開発者向けにリリース

    ソロループ

    ソロループ
     
    Appleは現地時間9月29日、watchOS7.1のベータ2を開発者向けに公開しました。

    Apple Watch Series 3以降のApple Watchに対応

    watchOS7.1‌ベータ2をインストールするには、Apple Developer Centerより構成プロファイルをダウンロードし、iPhoneの‌Apple Watchアプリを開き、[一般]>[ソフトウェア・アップデート]を順にタップします。新しいソフトウェアをインストールするには、Apple Watchが50%以上充電されており、充電器に接続された状態でiPhoneの通信範囲内に収まるように置いておく必要があります。
     
    watchOS7.1の最初のベータ版では目立った新機能の追加などは確認されておらず、現時点ではどのような変更が行われているのかは不明です。watchOS7のアップデートで、対処できなかった問題の改善とバグの修正に焦点を当てている可能性もあります。
     
    watchOS7.1は、watchOS7‌と同様、Apple Watch Series 3以降のApple Watchに対応しています。なお、同じく現地時間9月29日、iOS14.2のベータ2が開発者向けにリリースされています。
     
     
    Source:MacRumors
    (m7000)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次