Microsoft SQ2を搭載するSurface Pro X発表〜駆動時間15時間

    Surface Pro X 2020_01

    Surface Pro X 2020_01
     
    Microsoftは2020年10月1日、新型チップセット「Microsoft SQ2」が選択可能なSurface Pro Xを発表しました。本モデルのバッテリー駆動時間は最長15時間です。

    「Microsoft SQ2」チップセットを追加

    Surface Pro X 2020_02
     
    海外ネットメディアThe Vergeによれば、「Microsoft SQ2」は、2020年9月4日に発表されたQualcomm製のWindows OS搭載ラップトップ向け新型プロセッサ、「Snapdragon 8cx 2 5G」をベースに5G非対応とし、Surface Pro X用にカスタマイズされたものです。
     
    Microsoftは、Surface Pro Xを使用するユーザーがより高いパフォーマンスが必要な場合に、Microsoft SQ2チップと16GB RAM、256GB ストレージを選択することを推奨しています。本仕様での予約価格は税込204,380円で、発売日は10月13日です。
     
    Microsoft SQ1チップセットを搭載するSurface Pro Xも、引き続き販売されます。Microsoftは、Surface Pro Xのプロモーション動画を、YouTubeで公開しています。
     

    ARM版Windows 10対応x64エミュレーションを11月に提供

    Microsoftの最高製品責任者(CPO:Chief Product Officer)であるパノス・パネイ氏は、ARM版Windows 10対応x64エミュレーションを11月に提供すると発表しています。x64エミュレーションが提供されれば、ARM版Windows 10で64ビット(x64)アプリが動作可能になります。
     
     
    Source:Microsoft, The Verge
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次