トップページ > 最新情報 > 新型iPhoneは5モデル展開?カラーバリエーションが独小売店データベースで発見
2020年10月2日 01時10分

読了まで 20

新型iPhoneは5モデル展開?カラーバリエーションが独小売店データベースで発見

iPhone12 lineup


 
ドイツの小売店のデータベースに、5種類の新型iPhoneが登録されたと、独テック系メディアWinFutureが報じています。同メディアによれば、iPhone12 mini、iPhone12、iPhone12 Pro、iPhone12 Pro Maxに加え、エントリーレベルiPhoneが登録されているとのことです。

エントリーレベルのiPhoneは、価格改定したiPhone11か?

WinFutureは、小売店のデータベースに登録されたエントリーレベルiPhoneは、iPhone11の可能性があると記しています。
 
米証券会社Rosenblatt Securitiesのアナリスト、ジュン・チャン氏は2019年12月に、「2020年は5Gへの移行期間であることから、最大6モデルのiPhoneが検討されている」と伝えていました。その中にはエントリーレベルのiPhoneとして、6.1インチの液晶ディスプレイとデュアルカメラを搭載した4Gモデル(5G非対応)が用意されると同氏は予想していました。
 
チャン氏の伝えたエントリーレベルのiPhoneのスペックは、iPhone11に合致します。「iPhone12発売後、iPhone11は充電器とEarPodsを同梱しないことで大幅な値下げを実現、現在よりも150ドル(約16,000円)安くなり、iPhone XR後継モデルとして販売を継続する」と予想している海外メディアもいます。

iPhone12 mini/iPhone12は6色のカラーを用意?

WinFutureは、iPhone12 miniとiPhone12には、「ブラック」「ホワイト」「レッド」「イエロー」「ブルー」「コーラル」の6色が用意される、iPhone12 Proシリーズにはミッドナイトグリーンとゴールドがラインナップされない可能性があると伝えています。
 
 
Source:WinFuture
Photo:Apple Hub/Twitter
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる