トップページ > 最新情報 > 「1984」制作のリドリー・スコット、Epicのパロディ「物足りない」
2020年9月2日 07時06分

読了まで 26

「1984」制作のリドリー・スコット、Epicのパロディ「物足りない」

1984 Epic パロディ


 
独自の課金システムをApp Store内に提示した「フォートナイト」が、同ストアから削除されたことに抗議したEpic Gamesは、Appleの有名なテレビ・コマーシャルのパロディを制作・公開し、Appleを批判しています。
 
しかしオリジナルである「1984」を監督したリドリー・スコット氏はEpicのパロディ動画について、いまひとつ物足りなさを感じているようです。

スコット監督にパロディ動画について尋ねてみた

「1984」は、ジョージ・オーウェルの小説「1984年」をモチーフに制作されたテレビCMで、1984年1月22日の第18回スーパーボウルの際に一度だけ放送されました。
 
米メディアIGNがスコット監督に、Epicのパロディ版を視聴したかどうか尋ねたところ、次のような答えが返ってきたそうです。
 

もちろん見たし、[私のCMの]すべての場面が完全にコピーされたというのは、ある意味評価されているのだと思ったから、Epicに手紙を書いたよ。
 
しかし民主主義や圧倒的な力について語れることは山程あるのに、メッセージがあまりにも平凡なのが残念だ。
 
アニメーションは素晴らしいし、アイディアは最高だけど、メッセージはいまいちだね。

 
EpicとAppleは係争中で、裁判は現在継続しています。Appleは先日、ガイドライン違反として、Epicの開発者アカウントを削除したばかりです。
 
以下はEpicが公開中のパロディ動画、その下はオリジナルの「1984」です。
 


 

 
 
Source:IGN via MacRumors
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる