トップページ > 最新情報 > 「フォートナイト」削除されたEpic、AppleのCMパロディーで応戦
2020年8月14日 22時01分

読了まで 256

「フォートナイト」削除されたEpic、AppleのCMパロディーで応戦

app store フォートナイト


 
App Storeのガイドライン違反として、Appleが世界的な人気ゲーム「フォートナイト」をストアから削除したことに対し、Epic Gamesは訴訟やパロディー動画などで徹底抗戦する構えを見せています。

Appleを介さずに20%オフ

App Storeからダウンロードされたアプリで課金が成された場合、そのうちの30%をAppleに支払う必要があります。ところが、Epic Gamesは13日から始めた「フォートナイト」アプリ内の最大20%割引セール(メガプライスダウン)を実施する際、AppleやGoogleを介さずEpic Gamesへ直接支払う場合のみ、セールの対象になると発表しました。
 
例えば、ゲーム内通貨の1,000V-bucksを購入する場合、AppleやGoogleを介せば通常価格の9.99ドルですが、Epic Gamesに直接支払う“Epicディレクトペイメント”を選ぶと、7.99ドルで済むというわけです。
 
直接支払いシステムの導入でAppleからのマージン徴収を回避する戦略はすでにNetflixが導入していますが、今回フォートナイトが問題となったのは、Appleへの支払いを回避するEpicディレクトペイメントの選択肢をアプリ内で提示している点です(Netflixはアプリではなく公式Webサイト上での支払いです)。
 
app store フォートナイト
 
Epicディレクトペイメントの方が価格が安いのであれば、よほどの理由がない限り、App Storeを選ぶユーザーはいないでしょう。こうしてEpic Gamesは実質的にAppleをゲーム内から排除する方針を明らかにしました。もちろん明確なガイドライン違反であり、Appleは14日にストアからフォートナイトを削除するに至りました。Epic GamesはAndroidでも同じ仕組みを採用したため、GoogleもGoogle Playから同様に削除しています。

動画はAppleのCMパロディー

しかし、こうなることをEpic Gamesは予想しており、ただちに“反Appleキャンペーン”を開始しました(なぜかGoogleに対しては及び腰ですが)。
 
巨大なプラットフォームを不当に利用しているとして、Appleに対して訴訟を起こすことを発表、更にTwitterで“皮肉たっぷり”の動画とコメントを公開しました。
 


 
動画の元ネタとなったジョージ・オーウェルの小説「1984」は、ビッグブラザーと呼ばれる巨大な機関によって思想統制が行われる社会を描いたディストピアSFです。1984をモチーフにして、Appleは1983年にコマーシャルを作成しており、内容は当時コンピューター市場を独占していたIBMへの当てつけだったと言われています。今回Epic Gamesが公開した動画はこのCMの完全なパロディーなのです。
 

 
Appleへの風当たりは強く、反トラスト法に抵触しているかどうかを巡り、アメリカでは公聴会が開かれています。Epic Gamesが反旗を翻したのも、デベロッパーや消費者からの応援を視野に入れてのものでしょう。もちろん、Apple自身も特設ページを公開したり、HomePod「探す」アプリをサードパーティーへ開放する姿勢を見せたりと融和を図っていますが、“Apple税”への非難が収まる気配はありません。
 
 
Source:フォートナイト,The Verge
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる