Apple、インドで製造されたiPhone12の出荷を2021年半ばまでに開始か?

iPhone12 and 12 Max

iPhone12 and 12 Max
 
Appleが、インドで製造されたiPhone12の出荷を2021年半ばまでに開始する可能性が高いと、テック系メディアiMoreが報じています。

Wistronが製造か?

インドメディアNew Indian Expressは、Appleの主要サプライヤーであるWistronが、インド南部のカルナータカ州のベンガルール郊外に設置した工場で、iPhone製造のために最大10,000人を採用すると報じていました。
 
iMoreが関係筋から入手した情報によれば、インドで製造されたiPhone12が2021年半ばまでに出荷される可能性が高いとのことです。同国で製造されたiPhone12はまず国内向けに発売されるようですが、将来的に国外にも輸出される見通しだと、同メディアは伝えています。

iPhone SE(第2世代)に続きiPhone12の製造開始か

iMoreによれば、Appleは2020年末までにインド国内でiPhone SE(第2世代)の製造を開始することを計画しているようです。同国では、iPhone11の製造が行われていることも明らかになっています。
 
 
Source:iMore
Photo:Michael Ma/Twitter
(FT729)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

特集

目次