Apple、独立系修理業者認定プログラムでMacのサポートも開始

    Apple Independent Repair Provider Program

    Apple Independent Repair Provider Program
     
    Appleは昨年から、独立系のiPhone修理業者にも純正部品や修理用ツール、トレーニングやマニュアルを提供するIndependent Repair Provider Program(独立系修理プロバイダプログラム)を公開しましたが、今回プログラムの対象製品にMacが加えられたことが明らかになりました。

    プログラムは日本では未展開

    Appleの独立系修理プロバイダプログラムでMacのサポートが開始されたため、Appleから直接パーツを仕入れてMacの修理を行う業者の数はこれから増加すると予測されます。
     
    昨年8月に始まったプログラムは、順調に参加業者増やしており、今年7月には米国のApple認定独立系修理店の数は700以上に達したと報じられました。
     
    独立系修理プロバイダプログラムは現在32カ国で利用できますが、日本を始めとするアジア諸国はリストにまだ含まれておらず、今後の展開が期待されます。
     
    Appleは同社2020年第3四半期(4月〜6月)、Macの売上を対前年同期比で21.6%増となる70億ドル(約7,419億円)に伸ばしています。Macの市場シェアも、前年同期の6.3%から7.3%へと若干の成長がみられた、と調査企業IDCが発表しています。
     
     
    Source:Reuters
    Photo:Apple
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次