トップページ > iPhone X > 水深15メートルの海底に6日間沈み、泥に埋まっていたiPhone Xが動作
2020年7月26日 01時00分

読了まで 142

水深15メートルの海底に6日間沈み、泥に埋まっていたiPhone Xが動作

iPhone X


 
水深15メートルの海底に6日間沈み、泥に埋まっていた状態で発見されたiPhone Xが問題なく動作した事例を、iMoreが紹介しています。

船のデッキから落下

船上で働くベン・スコフィールド氏は勤務中に誤ってiPhone Xを海に落としてしまいました。スコフィールド氏の友人が海に潜り、iPhone Xを探したようですが、その時は見つけられなかったようです。その際の水深は、海底まで15メートルもあったようだとiMoreが報告しています。
 
その後、スコフィールド氏が干潮の時に海に潜って探したところ、海底で泥に埋まっているiPhone Xが見つかりました。

洗浄乾燥し、充電したら動作した

スコフィールド氏によれば、海底から発見後にLightning端子の泥と砂を洗浄し乾燥して確認したところ、iPhone Xは問題なく動作したとのことです。
 
同氏は、「iPhone Xが海底の砂や泥に埋まっていたことでかえって、それらが海水からの保護の役目を果たしたのかもしれない」と語っています。
 
防水性能の範囲を超えて動作したiPhoneとして、テムズ川に2カ月間沈んでいた後でも動作したiPhone8の事例などが報告されています。
 
 
Source:The Independent via iMore
Photo:Apple Explained
(FT729)

カテゴリ : iPhone X, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる