トップページ > iOS > iOS13.6でiPhoneのバッテリー持ちに変化は?各世代のiPhoneで比較
2020年7月17日 13時20分

読了まで 221

iOS13.6でiPhoneのバッテリー持ちに変化は?各世代のiPhoneで比較

iAppleBytes iOS13.6 バッテリーテスト
 
7月16日に公開されたiOS13.6バッテリー消費テストの動画を、YouTubeチャンネルiAppleBytesが公開しました。

7モデルのiPhoneでバッテリーテスト

iOS13.6バッテリーテストには、リリースされたばかりのiOS13.6の正式版とほぼ同内容であるGM(ゴールデンマスター)版をインストールしてから数日が経過したiPhoneを使っています。
 
テストに使うiPhoneは、左からiPhone SE(第1世代)、iPhone6s、iPhone7、iPhone8、iPhone XR、iPhone SE(第2世代)、iPhone11の7台です。
 
iAppleBytes iOS13.6 バッテリーテスト
 
バッテリーの状態は、最大容量の98%〜100%で、ほぼ新品時の性能を維持しています。
 
iAppleBytes iOS13.6 バッテリーテスト
 
画面の明るさを25%に統一したうえで、ベンチマークアプリ「Geekbench 4」を使って、バッテリー性能を測定します。
 
テストの結果、各モデルのバッテリー残量がゼロになるまでの時間は以下のとおりでした。
 
iAppleBytes iOS13.6 バッテリーテスト
 

  • iPhone SE(第1世代):2時間56分
  • iPhone6s:3時間00分
  • iPhone7:3時間15分
  • iPhone8:3時間11分
  • iPhone XR:5時間27分
  • iPhone SE(第2世代):3時間43分
  • iPhone11:6時間12分

バッテリー持ち、iOS13.6で若干短くなる傾向

「Geekbench 4」によるバッテリースコアをまとめたのが以下の棒グラフで、各モデルごとに、iOS13.3.1、iOS13.4、iOS13.4.1、iOS13.5、iOS13.5.1、iOS13.6のスコアが示されています。
 
iAppleBytes iOS13.6 バッテリーテスト
 
テストの結果、iOS13.6はiOS13.5.1と比較すると、各モデルで小幅ながらバッテリースコアが低くなる傾向がみられました。
 
iPhone XRとiPhone SE(第2世代)は、他のモデルと比べてスコアの落ち込み幅がやや大きくなっています。
 
なお、iPhoneはOSのアップデート後、自動でバックグラウンドでデータの最適化作業を行うため、約1週間はバッテリーの減りが早くなると言われます。
 
なお、iOS13.6では各種脆弱性が修正されており、 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)がアップデートを呼びかけています
 
iAppleBytesによるバッテリーテストの動画は、こちらでご覧ください。
 

 
 
Source:iAppleBytes/YouTube
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる