トップページ > 最新情報 > 長野県と岐阜県の全域でも「00000JAPAN」開放、令和2年7月豪雨に対応
2020年7月10日 13時32分

読了まで 141

長野県と岐阜県の全域でも「00000JAPAN」開放、令和2年7月豪雨に対応

00000JAPAN
 
令和2年7月豪雨を受けて、災害用統一SSID「00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)」による無料の公衆無線LANサービスが、7月10日正午から長野県、岐阜県でも利用可能となっています。

九州4県に続き長野と岐阜も対象に

災害用統一SSID「00000JAPAN」は、災害発生時に提供される公衆無線LANサービスで、通常はキャリアが契約者向けに提供しているWi-Fiを、契約の有無に関係なく利用可能となります。
 
各地で携帯電話の通信障害などをもたらしている令和2年7月豪雨に対応して、7月9日から熊本県、大分県、鹿児島県、福岡県で開放されていますが、7月10日正午から長野県と岐阜県の全域が開放地域に加わりました。
 
Wi-Fiの接続先一覧から「00000JAPAN」を選択すると接続可能です。

セキュリティ面では注意が必要

「00000JAPAN」は、災害発生時の情報収集や安否確認目的の利用を想定し、誰でも簡単に使えることを優先して提供されています。
 
その性質上、通信の暗号化などのセキュリティ対策は行われていないため、ID・パスワードや個人情報の入力、金融系サービスの利用などにあたっては、HTTPSやVPNの利用が推奨されています。
 
 
Source:一般社団法人 無線LANビジネス推進連絡会
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる