トップページ > iOS > 【iOS14】iCloudキーチェーン、パスワードが流出するとユーザーに警告
2020年7月5日 06時55分

読了まで 157

【iOS14】iCloudキーチェーン、パスワードが流出するとユーザーに警告

Compromised-passwords-iOS-14


 
世界開発者会議(WWDC 2020)で発表され、今秋リリースされるiOS14/iPadOS14では、iCloudキーチェーンの機能が向上します。米メディア9to5Macがその変更点を紹介しています。

iCloudキーチェーンとは

iCloudキーチェーンとは、Safariで使うユーザー名やパスワードなどの機密情報をiCloudに保存し、次回から自動入力してくれる機能です。
 
iOS14/iPadOS14では、新たに「Security Recommendations(セキュリティ勧告)」メニューが追加され、ユーザーのアカウントを脅威にさらす可能性のあるパスワードが表示されるようになります。これには簡単に推測できてしまうパスワードや、Webに流出している可能性のあるパスワードも含まれます。

パスワードに問題があると警告

iOS14/iPadOS14のiCloudキーチェーンは、アカウントごとに保管されているパスワードそれぞれの問題を指摘してくれるので、ユーザーはより強力なパスワードが設定できるようになります。こうした機能の一部はすでにiOS13でも導入されていますが、iOS14ほど強力ではありません。
 
パスワードに問題がある場合に新iCloudキーチェーンが表示する警告例の一部をご紹介します。
 

  • このパスワードは多くの人が利用しており、簡単に推測される可能性があります。
  • このパスワードは簡単に推測できます。
  • このパスワードは「123」などのように、数字や文字が連続しています。一般的なパターンを使ったパスワードは簡単に推測されてしまいます。

 
このほか、データ漏えいに巻き込まれてしまった場合(つまりパスワードが流出した場合)も、iCloudキーチェーンが警告してくれるようになります(トップ画像)。

 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる