トップページ > 最新情報 > iOS14のUIをもとにAppleグラスの「glassOS」のコンセプトを制作
2020年6月30日 16時50分

読了まで 232

iOS14のUIをもとにAppleグラスの「glassOS」のコンセプトを制作

glassOS


 
Appleの世界開発者会議WWDC20でiOS14が発表されたばかりですが、最新iOSのユーザーインターフェース(UI)をもとに、Appleが近く発表すると噂のAppleグラスのOS「glassOS(仮称)」のコンセプトが制作されました。

Appleグラスは早ければ今年発表?

モバイル決済・送金アプリCash Appでデザインを担当するジョーダン・シンガー氏(@jsngr)は、iOS14のUIをベースにしたglassOSコンセプトを公開しました。Appleは軽量でパワフルなAppleグラスを開発しており、早ければ今年にも発表するともいわれていますが、インターフェースのデザインはどのようなものになるのでしょうか。
 

通知

glassOS
 
glassOS
 
通知は、Apple Watchが起動されたときに表示される通知ウィンドウを参考に制作されました。メッセージアプリでメッセージを受け取ったときのイメージはこんな感じです。
 

コンパクトな着信画面

glassOS
 
iOS14では、コンパクトな着信画面が導入されており、着信があった際に画面がフルスクリーンになることはありません。
 
これを参考に、着信時とナビゲーション使用時のイメージが制作されています。
 
glassOS
 

ウィジェット

glassOS
 
glassOS
 
iOS14では新たにホーム画面のウィジェットが導入されましたが、同機能のウィンドウを参考にしたglassOSで天気や地図を使用しているときのイメージはこんな感じです。
 

ピクチャ・イン・ピクチャ

glassOS
 
iOS14では、動画を小さな別ウィンドウで再生しながら他の作業を行えるピクチャ・イン・ピクチャ機能が導入されましたが、glassOSでFaceTimeを使用しているときのイメージはこのような感じになります。
 

コンパクトなSiri

glassOS
 
glassOS
 
iOS14では、他のコンテンツを見ているときに同時にSiriを画面上に配置することが可能となっていますが、料理しているときやスポーツ観戦時にglassOSでSiriを画面脇に配置するとこうなります。
 

プライバシー

glassOS
 
glassOS
 
iOS14では、マイク使用時に赤色のライト、カメラ使用時に緑のライトが電波アイコンの隣に表示されるようになっていますが、glassOSでも同様の機能が利用できるようになるのではないでしょうか。
 

AirPods

glassOS
 
glassOSでのAirPods関連の通知は、iOS14のものと類似したものになるとの推測です。
 

翻訳

glassOS

     
    iOS14には、オフラインで使用できる純正の翻訳アプリが追加されました。日本語を含む11ヶ国語に対応しています。同アプリもをglassOSで使用するとこんな感じになります。
     
     
    Source:I build my ideas from Jordan Singer via 9to5Mac
    (lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる