トップページ > iOS > 「iPhoneOS14」対応機種リストのスクリーンショットが流出か【追記】
2020年6月21日 08時55分

読了まで 255

「iPhoneOS14」対応機種リストのスクリーンショットが流出か【追記】

iPhone14 対応機種リスト


 
名称がiOS14ではなく「iPhoneOS14」になるとの噂があるiPhone用次期OSの対応機種リストのスクリーンショットとされる画像が、Twitterに投稿されました。iOS13と同じモデルに対応する模様です。
 
【追記 2020/6/21 10:10】画像をTwitterで公開した人物が、「自分が作成したイメージ画像で、実際のページのものではない」と発言しているため、記事公開後にその旨を追記しています。

AppleのWebサイトに一時的に掲載?

現地時間6月22日からの世界開発者会議(WWDC 2020)で発表が確実視されるiPhone用OSの名称については、「iPhoneOS14」になる可能性が噂されています
 
TwitterユーザーのJosh Thomas Official( @JoshThomasxx21 )氏が、AppleのWebサイトに一時的に掲載され、アクセスできなくなる前に撮影したという「iPhoneOS14」のスクリーンショットを公開しています。
 
スクリーンショットには、以下のiPhoneの機種名が並んでいます。
 

  • iPhone11
  • iPhone11 Pro
  • iPhone11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone8
  • iPhone8 Plus
  • iPhone7
  • iPhone7 Plus
  • iPhone6s
  • iPhone6s Plus
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPod touch(第7世代)

 
対応機種リストの内容はiOS13と同じであり、先日海外メディアThe Verifierが報じた内容とも一致します。
 


 

「画像はコンセプト」

Twitterで画像を公開していた、Abigail ?️‍?( @WinterSkiis )氏が画像について、「自分が制作したイメージ画像であり、実際のページではない」とツイートしています。
 


 

正解はWWDC 2020の基調講演で明らかに

iPhone用次期OSの名称が「iPhoneOS14」と「iOS14」のどちらなのか、対応する機種などの詳細情報は、WWDC 2020の基調講演で明らかになります。
 
WWDC 2020の基調講演の模様は、日本時間6月23日午前2時からAppleのWebサイト、「Apple Developper」アプリ、YouTubeなどでストリーミング配信され、誰でも無料で視聴できます。
 
AppleのYouTubeチャンネルでリマインダー登録するか、公式Twitterを「いいね」しておくと、配信開始の前に通知してくれます

 
 
Source:Josh Thomas Official( @JoshThomasxx21 )/Twitter via Wccftech, Abigail ?️‍?( @WinterSkiis )/Twitter
(hato)

カテゴリ : iOS, iPhone14, 最新情報  タグ : , , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる