トップページ > 最新情報 > iOS14のAppleの紛失防止タグ「AirTags」のインターフェース音が流出
2020年6月20日 03時58分

読了まで 212

iOS14のAppleの紛失防止タグ「AirTags」のインターフェース音が流出

airtags
 
Appleは、日本時間6月23日未明から世界開発者会議「WWDC 2020」の開催を予定していますが、同イベントで紛失防止タグ「AirTags」が発表される可能性が高いとされています。今回、AirTagsのインターフェース内サウンドとみられるファイルが流出し、デバイスの片鱗が明らかになりました。

ハプティックフィードバックも使用可能に?

リーカーのSoybeys(@Soybeys)氏は、AirTagsインターフェース音とみられる音声ファイルを再生するスクリーンショット動画を公開しました。iOS14のものとみられるフォルダの中には、7つの音声ファイルが収められており、同氏はそれぞれのファイルを再生していきます。
 


 
動画の中で再生されているファイルは、「.caf」と「.ahap」ファイルです。前者はCore Audo Formatで、異なるサウンドファイルのコンテナの役割を果たす、Appleが開発したファイルフォーマットです。
 
後者はApple Haptic and Audio Patternファイルと呼ばれるフォーマットで、AirTagsで触覚に訴えかけるハプティックフィードバックが使用できる可能性を示唆しています。

専用アプリも登場か

iOS開発者でリーカーのあおいカニ(@blue_kanikama)氏によれば、AirTagsは専用の「Find My Tag」というアプリと同期して動作する可能性があるとのことです。
 
AirTagsは、近距離無線通信規格NFC対応で、音が鳴り、他の人との共有も可能とあおいカニ氏は述べていましたが、今回の音声ファイルの流出は同氏のリーク内容とも一致すると言えるでしょう。
 
 
Source:AppleInsider
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる