トップページ > iOS > iOS/iPadOS13.6ベータ2がリリース〜再び番号が変更
2020年6月10日 04時13分

読了まで 141

iOS/iPadOS13.6ベータ2がリリース〜再び番号が変更

iOS13


 
Appleは現地時間6月9日、開発者向けにiOS13.6およびiPadOS13.6ベータ2をリリースしました。前回のリリースは「iOS13.5.5ベータ1」だったので、13.5.5から13.6へと番号が変わったことになります。
 
またtvOS13.4.8ベータ2とmacOS Catalina 10.15.6ベータ2も合わせて公開されています。

4月に続き再び番号が変更

Appleが前回開発者向けに公開したのは、iOS13.5.5ベータ1でした。しかし今回のベータ版はiOS/iPadOS13.6ベータ2となっています。
 
Appleは4月にも、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)追跡APIを導入したときに、iOSの名称をiOS13.4.5からiOS13.5へと変更しています。これは新しいソフトウェア開発キット(SDK)を用いたiOSのリビジョンには新しいマイナーバージョン番号をつけなければならないというルールがあるためと、Appleは説明していました。
 
ということは今回も同じ理由かと考えたくなりますが、米メディア9to5Macによると、iOS13.6ベータ2のリリースノートには、「バグの修正と機能向上が含まれる」と記されているだけのようです。

 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)

カテゴリ : iOS, iPhone, 最新情報  タグ : , , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる