トップページ > iOS > iOS13.5ベータ、マスク着用だとFace IDをスキップする仕組み
2020年4月30日 06時47分

読了まで 236

iOS13.5ベータ、マスク着用だとFace IDをスキップする仕組み

Face ID
 
Appleは現地時間4月29日、開発者向けにiOS13.5ベータをリリースしました。同ベータ版は、新型コロナウイルス感染者との濃厚接触を検出・追跡するためのソリューション実装を目的としたアプリケーション・プログラミング・インターフェイス(API)を組み込んだ、初のバージョンとなります。
 
同時に、マスクをしている場合はFace IDを飛ばして、すぐにパスコード入力画面を表示する仕様が取り入れられていることがわかりました。

マスク着用だとFace IDを自動的にスキップ

今回の変更により、Face ID搭載のiPhoneで、マスクをした状態でロック解除しようとすると、Face IDを自動的にスキップしてパスコード入力画面が現れるようになります。つまりマスクをしている時に画面を上へスワイプすると、直接パスコード入力画面が表示されるというわけです。
 


 
マスクをしたままでもFace IDを突破するテクニックはありますが、必ずしも成功するとは限りません。どのみちFace ID認証に失敗するのであれば、直接パスコード入力画面へ飛ばされたほうが、時間の節約になります。

COVID-19感染拡大防止のためのAPI

またiOS13.5ベータは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を防ぐため、AppleとGoogleが共同開発を進めている感染者との濃厚接触の検出・追跡が可能なアプリのためのAPIを組み込んだ初のバージョンとなります。
 
Appleによると、iPhoneはBluetooth技術を利用して、ユーザーにランダムに割り当てられたIDを収集、近くにあるデバイスと共有します。COVID-19に濃厚接触した可能性があると、アプリがユーザーに通知します。ランダムIDは14日後には破棄されます。
 
ユーザーは自分がCOVID-19にさらされた場合、それを他の人々に通知するかどうかを自分で決めることができます。匿名で共有することも可能です。
 

iOS13.4.5からiOS13.5へ

Appleは今回のiOS13.5ベータを、iOS13.4.5ベータ1ベータ2に次ぐ「iOS13.5ベータ3」と称しています。これは新しいソフトウェア開発キット(SDK)を用いたiOSのリビジョンには新しいマイナーバージョン番号をつけなければならないというルールがあるためだ、と米メディア9to5Macは説明しています。
 
iOS13.5ベータはXcode 11.5ベータ1と合わせてリリースされており、Xcodeのリリースは、新型コロナウイルスへの濃厚接触を通知するAPIを組み込んだiOS SDKのアップデート版を含んでいます。

 
 
Source:9to5Mac(1),(2)
Photo:Apple
(lunatic)

カテゴリ : iOS, iPhone, 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる