トップページ > 最新情報 > Apple、オープンソースの「パスワード・マネージャー・リソース」をリリース
2020年6月6日 04時26分

読了まで 150

Apple、オープンソースの「パスワード・マネージャー・リソース」をリリース

Password Manager Resources
 
Appleは現地時間6月5日、開発者向けに、オープンソースのパスワード・マネージャー・プロジェクトを立ち上げました。ユーザーの利用率が高いWebサイトと互換性のある強力なパスワードを、開発者が簡単に生成できるようにするのが狙いです。

iCloudキーチェーンの適用範囲を拡大

Appleはすでに、Safariブラウザで使うユーザー名やパスワード、クレジットカード、Wi-Fiのパスワード、SNSのログイン情報をApple IDと紐付け、暗号化して保存する仕組み「iCloudキーチェーン」を提供しています。アカウントごとに強力なパスワードを生成、保管し、自動入力することもできるため、覚えておく必要はありません。
 
今回発表した「パスワード・マネージャー・リソース」プロジェクトは、このパスワード管理機能の適用範囲を拡大することを目的としています。Appleは次のように説明しています。
 

パスワード・マネージャー・リソース」はオープンソース・プロジェクトであり、「iCloudキーチェーン」パスワード・マネージャーを利用して、Webサイトごとに求められる条件を統合、強力かつユニークなパスワードを生成するためのものです。プロジェクトにはサインイン・システムを共有するWebサイト、ユーザーがパスワードを変更したWebサイトページへのリンクなども含まれます。

 
AppleはGitHubで「パスワード・マネージャー・リソース」を公開、誰もが利用できるようにしています。

 
 
Source:Apple,Password Manager Resources/Github
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる