トップページ > 最新情報 > iPhoneユーザーの27%「次も絶対にiPhone」、サイズには不満も
2020年6月3日 18時47分

読了まで 250

iPhoneユーザーの27%「次も絶対にiPhone」、サイズには不満も

iPhone SE(第2世代) Apple
 
日本のスマートフォンユーザーの間で特に人気の高いiPhoneの強さを探る調査の結果を日経リサーチが公表しました。iPhoneユーザーは「データ移行が楽」「故障しにくい」などを「次もiPhoneを選びたい」理由として挙げる一方で、「手の大きさに合わない」などの不満を持っていることが分かりました。

iPhoneのシェアは42.5%と圧倒的

調査は、日経リサーチに登録しているモニターから、全国の一般個人のスマートフォンユーザーを対象に実施し、1,623人から回答を得ています。
 
ユーザーの多かった上位3シリーズは、iPhoneが689人(回答者の42.5%)、AQUOSが285人(同17.6%)、Xperiaが233人(同14.4%)でした。上位3モデル合計で全体の74.4%を占めています。
 
iPhoneのシェアが全体の4割以上で、2位以下に大きな差をつけており、圧倒的と言えるシェアを獲得しています。

「次も絶対iPhone」はiPhoneユーザーの27.1%

各シリーズごとに、次に同じ端末を選びたいかを尋ねたところ、iPhoneは「絶対に同じ端末を選ぶ」が27.1%で、Xperia(8.2%)、AQUOS(3.5%)よりも多く、固定ファンが多いことがわかります。
 
iPhone ロイヤルユーザー 調査 日経リサーチ
 

iPhoneロイヤルユーザーは「移行が楽」など評価もサイズに不満

日経リサーチは、次に選ぶ端末についての質問への回答でユーザーを以下3つのグループに分け、分析しています。
 

  • 「絶対同じ端末を選ぶ」と回答:ロイヤルユーザー
  • 「おそらく同じ端末を選ぶ」と回答:一般ユーザー
  • 「どちらともいえない」〜「選ばない」と回答:離反予備ユーザー

 
自由回答の文章を集計し、グループごとに、iPhoneの継続意向や満足点と、不満に思っている点の傾向をまとめたのが以下の表です。
 
iPhone ロイヤルユーザー 調査 日経リサーチ
 
ロイヤルユーザーは、iPhoneについて「データの移行が楽」「iPadやMacと同期できる」「故障しにくい」「長年使っている」といった理由で継続を希望し、満足している一方で「手の大きさに合わない」と、サイズに不満を持っている傾向があります。
 
iPhone ロイヤルユーザー 調査 日経リサーチ
 
一般ユーザーは、「使い慣れている」「変えると操作を覚えるのが面倒」といった理由でiPhoneの利用継続を希望している一方、「充電が持たない」「OSのアップデートが頻繁」といった点に不満を感じている傾向があります。
 
iPhone ロイヤルユーザー 調査 日経リサーチ
 
離反予備ユーザーがiPhoneに満足している理由は「持っている人が多いので不明点を聞ける」で、不満点としては「価格が高い」が挙げられており、コストパフォーマンスを見極めたいユーザーが多い傾向にあります。
 
iPhone ロイヤルユーザー 調査 日経リサーチ
 

大きさとコスパが魅力のiPhone SE(第2世代)

国内各キャリアが5月11日に販売を開始したiPhone SE(第2世代)は、iPhone8と同じコンパクトなサイズと、最新鋭のA13プロセッサを搭載した高性能、そしてSIMフリーで44,800円からというコストパフォーマンスが魅力のモデルです。
 
近年、大型化と高価格化が進んでいたiPhoneに対して、ロイヤルユーザーが抱える「大きさ」、離反予備ユーザーが抱える「価格」に対する不満を解消したモデルとなっており、幅広いユーザーに魅力的な端末となっています。
 
中国では、iPhone SE(第2世代)の発売後にiPhoneの販売台数が大幅に伸びており、iPhone SE(第2世代)投入の効果が出ているとみられます。
 
 
Source:日経リサーチ
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる