トップページ > 最新情報 > 麻薬王パブロ・エスコバルの義兄がAppleに26億ドルの巨額訴訟
2020年5月31日 21時48分

読了まで 211

麻薬王パブロ・エスコバルの義兄がAppleに26億ドルの巨額訴訟

ナルコス netflix
 
麻薬王として知られる故パブロ・エスコバル氏の義兄が、Appleに対して26億ドル(約2,800億円)もの巨額訴訟を起こしました。使用しているiPhoneのセキュリティ脆弱性によって被害を被ったことが理由です。

人気ドラマ「ナルコス」の義兄

コロンビアの麻薬王こと故パブロ・エスコバル氏の名前を一度は耳にしたことがあるかも知れません。同氏はNetflixで「ナルコス」としてドラマ化までされています。今回Appleに対して26億ドルの訴訟を起こした人物は、彼の義兄にあたるロベルト・エスコバル氏です。
 
同氏によると、2018年4月にiPhone Xを購入した際、Appleのサポートアドバイザーから「iPhoneは情報を抜き取られません。市場で流通する中では最もセキュリティの高いスマートフォンです」と勧められたそうです。自分や家族の身に危険が及ぶことを警戒する彼は、安全なスマートフォンを探し求めていました。訴状では、アドバイザーが「iPhone Xをハッキングすることは不可能」で「簡単に情報を抜くことはできず、今後も決してない」と断言したとされています(実際には正規のAppleスタッフがここまで断言するとは考えにくく、エスコバル氏の勘違いである可能性が高いと思われます)。

「脆弱性はない」はずなのに

ところが2019年1月、エスコバル氏はディエゴと名乗る人物から殺人脅迫のメールを受け取ります。そこにはFaceTimeを通して住所を発見したと記されていました。
 
不審に思った彼は、インターネットでiPhoneの脆弱性について調べたところ、FaceTimeのセキュリティ欠陥について記載されたWebサイトを発見してしまいました(彼が指摘する、受信側が応答する前に受信者の音声が発信者に聞こえてしまうFaceTimeのバグは、すでにiOS12.1.4で修正されています)。
 
この脅迫によってエスコバル氏は「20億ドル(約2,100億円)を超える」精神的苦痛を被ったと主張、Appleによる断言が原因だとして、合計26億ドルを同社に対して請求するに至ったというわけです。
 
Forbesによると、Appleからのコメントはまだ得られていないそうですが、同社が一体どのような反応を見せるのか気になるところですね。
 
 
Source:Forbes
Photo:Netflix
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる