トップページ > 最新情報 > 消費者満足度調査でAppleがSamsungを抑えて首位に立つ
2020年5月21日 19時59分

読了まで 157

消費者満足度調査でAppleがSamsungを抑えて首位に立つ

Apple ロゴ スクリーンショット
 
米消費者満足度指数(ASCI:American Customer Satisfaction Index)で、iPhoneユーザーがその他のスマートフォンユーザーと比較して、最も高い満足度を示しました。この調査では例年、AppleとSamsungが首位争いを繰り広げています。

消費者は概ねiPhoneに満足

スマートフォンメーカー別のスコアで、Appleは昨年から1ポイント増えた82点となり、81点のSamsungを抑えてトップに輝きました。昨年はApple、Samsungともに81点でした。多くの消費者にiPhoneが受け入れられている理由として、ASCIはカメラ性能とバッテリー駆動時間の向上を挙げています。とりわけ駆動時間については、消費者からの満足度が昨年よりも高かったそうです。
 
一方でスマートフォン別スコアでは、SamsungのGalaxy Note9が85点で単独首位となりました。Galaxy Note9は昨年も86点でトップに立っており、これで2年連続の首位となります。ちなみに一昨年はiPhone7 Plusが85点でトップでした。
 
ASCI 2019-2020
 
メーカー別ではAppleがトップに輝いたように、モデルに限らずiPhoneユーザーは概ね自分の端末に満足していることが分かりますが、最新モデルであるiPhone11 Pro/Pro Maxのスコアがそれ以前のモデルよりも低いのは気になるところです。ただし、Samsungにも同様の傾向がうかがえることから、ニュースサイト9to5Macの言う通り「最新の高性能モデルに対する大きな期待の表れ」なのかも知れません。
 
事実、iPhone Xのスコアは一昨年80点(5位)だったものの、昨年は83点(1位)にアップしています(今年は84点のiPhone XS Maxに次ぐ83点で2位)。
 
 
Source:9to5Mac,ASCI
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる