トップページ > 最新情報 > Apple QRコード、流出したiOS14のソースコードから見つかる〜ARに活用か
2020年5月20日 16時55分

読了まで 146

Apple QRコード、流出したiOS14のソースコードから見つかる〜ARに活用か

Apple-AR-Tags


流出したiOS14のソースコードから、Apple独自のQRコードが見つかったことが報じられていますが、これらのQRコードは将来的に、拡張現実(AR)アプリで活用されるだろうと、Wccftechは伝えています。

グラフィカルなオリジナルQRコード

Apple QR code AR
 
今回発見されたApple QRコードには、Mac ProやApple Watchの他、Starbucks CardやRogue OneなどのApple関連製品以外のものが含まれています。
 
Wccftechによれば、「Apple Watch」QRコードを読み込むと、公式オンラインストア内の「Apple Watch」のページが表示されるようになっています。
 

iOS13.4.1とiPhone11 Proの組み合わせで読み取り可能

Mac Pro、Apple Watch、Rogue One、Starbucks Cardと記載されたQRコードは、iOS13.4.1とiPhone11 Proの組み合わせでも読み取り可能で、それに対応したWebページが表示されます(Rogue Oneは日本のiTunesストアで公開されていないのでエラーになります)。
 
Wccftechは、Cosmicなど現在は読み取れないQRコードもiOS14では対応し、拡張現実(AR)アプリに組み込まれて、ユーザー体験の向上に役立てられるのではないかと予想しています。
 
 
Source:Wccftech
Photo:Svetapple.sk
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる