トップページ > 最新情報 > 「Disney+」、新型コロナウイルスの影響で登録者数が10日間で1,650万人増
2020年5月6日 18時24分

読了まで 29

「Disney+」、新型コロナウイルスの影響で登録者数が10日間で1,650万人増

disney+


 
2020年第1四半期(1月〜3月)の業績発表を行ったDisneyは、同社の動画ストリーミングサービス「Disney+」の登録者数が急増したことを明らかにしました。

自宅で過ごす時間が増えたため?

Disney+」は、2019年11月のサービス開始からわずか1日で登録者数が1,000万人を超えたことが話題になりました。今年2月には、サービス開始から3カ月以内で登録者数は2,860万人に達し、破竹の勢いが続いていたDisney+ですが、新型コロナウイルスの影響でさらにユーザー数が伸びたことがわかりました。
 
Disneyによれば、2020年3月28日〜4月8日の間にDisney+の登録者数は3,350万人から5,000万人まで急増したとのことです。実に10日間で1,650万人の新規ユーザーを獲得したことになります。
 
しかしながら、5月4日時点での登録者数は5,450万人であり、ユーザー数の急増はあくまで一時的なものであったことが伺えます。

Disneyのアイガー会長は確固たる自信

Disneyのボブ・アイガー会長は、Disney+のサービス開始に際して、Appleの動画ストリーミングサービスApple TV+と利益が相反するため、Apple取締役会を離れるなど、一悶着(ひともんちゃく)があったことで知られています。
 
アイガー氏は、AppleTV+の月額料金がDisney+よりも2ドル安いことについての意見を求められた際には、「当社の製品は非常にユニークで、他社サービスとは一線を画する」と述べており、自社サービスへの自信を示していました。
 
Disney+では、「Disney」「Marvel」「Pixar」「Star Wars」「National Geographic」「The Simpsons」などのブランドのプログラムが視聴可能であり、アイガー氏のコメントにも納得がいきますが、今回新型ウイルスが思わぬ形でDisneyの追い風となったことが明らかになったわけです。
 
Disney+の登録者数は2024年までに6,000万人〜9,000万人に達するとの予測でしたが、早ければ今年中にも6,000万人の線を超えてくる可能性も十分考えられます。
 
 
Source:AppleInsider
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる