トップページ > Mac > Apple、MacBook Airの反射防止コーティング剥がれは発生しないと説明
2020年4月14日 13時29分

読了まで 25

Apple、MacBook Airの反射防止コーティング剥がれは発生しないと説明

Retinaディスプレイの反射防止コーティングが剥がれる


 
先日、Retinaディスプレイ搭載のMacBook Airでディスプレイの反射防止コーティングが剥がれる不具合があるとの情報をお伝えしましたが、Appleがその情報は間違いであると指摘していたことが分かりました。

Apple「問題は発生していない」

米メディアMacRumorsが入手した、Appleの正規サービスプロバイダ向け内部メモに「一部のMacBook、MacBook Air、MacBook ProのRetinaディスプレイに、反射防止コーティングの問題が発生している」旨の記述があったことから、今後無償修理プログラム対象になる可能性がある、との情報を3月にお伝えしました
 
しかし、MacRumorsはその後、Appleから「Retinaディスプレイモデルを含むMacBook Airでは反射防止コーティングの問題は発生しておらず、同プログラムの対象外」「内部メモに間違いがあった」との通知を受けた、として記事を更新しています。
 
なお、MacRumorsは、「反射防止コーティングが剥がれる不具合の発生した2018年モデルのMacBook Airを複数台修理したことがある」というApple正規サービスプロバイダの技術者の証言も紹介しています。

対象は2015〜2017年のMacBook/MacBook Pro

本稿執筆時点で、Appleがディスプレイの反射防止コーティングが剥がれる問題の無償修理プログラムの対象としているのは以下のモデルです。
 

  • MacBook Pro(13インチ、Early 2015)
  • MacBook Pro(15インチ、Mid 2015)
  • MacBook Pro(13インチ、2016)
  • MacBook Pro(15インチ、 2016)
  • MacBook Pro(13インチ、 2017)
  • MacBook Pro(15インチ、2017)
  • MacBook(12インチ、Early 2015)
  • MacBook(12インチ、Early 2016)
  • MacBook(12インチ、Early 2017)

 
 
Source:MacRumors via 気になる、記になる…
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる