2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    反射防止コーティングが剥がれる不具合、MacBook Airでも発生

    Retinaディスプレイの反射防止コーティングが剥がれる

    Retinaディスプレイの反射防止コーティングが剥がれる
     
    Retinaディスプレイの反射防止コーティングが剥がれる不具合が、Retinaディスプレイ搭載のMacBook Airでも発生しており、Appleがその問題を認識していることが判明しました。

    Appleは2015年に無償修理プログラムを開始

    米メディアMacRumorsが入手した、AppleがApple正規サービスプロバイダ向けに配布した内部メモには、「一部のMacBook、MacBook Air、MacBook ProのRetinaディスプレイに、反射防止コーティング問題が発生している」と記されていたとのことです。
     
    Retinaディスプレイの反射防止コーティングが剥がれる問題が最初に注目を集めたのは、2015年のことです。Appleは同年、Retinaディスプレイ搭載MacBookおよびMacBook Proを対象に、反射防止コーティングを無料で修理するプログラムを立ち上げました
     
    ただしAppleは同プログラムを公にはしておらず、Webサイトには掲載されていません。しかしAppleサポートコミュニティなどに寄せられる苦情は後を絶たず、2017年には無償修理の対象期間が拡大されていることがわかっています。

    今後MacBook Airも無償修理の対象となる可能性

    無償修理プログラムの対象に、現時点ではMacBook Airは含まれていません。
     
    MacRumorsが確認したところ、2019年12月時点でRetinaディスプレイ反射防止コーティング無償修理プログラムの対象となっているのは、以下のモデルです。
     

    • MacBook Pro(13インチ、Early 2015)
    • MacBook Pro(15インチ、Mid 2015)
    • MacBook Pro(13インチ、2016)
    • MacBook Pro(15インチ、 2016)
    • MacBook Pro(13インチ、 2017)
    • MacBook Pro(15インチ、2017)
    • MacBook(12インチ、Early 2015)
    • MacBook(12インチ、Early 2016)
    • MacBook(12インチ、Early 2017)

     
    しかし前述したように、内部メモで触れられているということは、今後MacBook Airも無償修理プログラムの対象に追加される可能性があります。

     
     
    Source:MacRumors
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次