iPhone12の発売時期 サプライヤーの予想は1カ月遅れか

    iPhone12 concept bengeskin

    iPhone12 concept bengeskin
     
    iPhone12の発売時期について、9月というものから、2021年にずれ込むというものまで多くの予想が伝えられています。iPhone12用5Gモジュールを供給予定のサプライヤーは、1カ月程度の遅れを予想しているようです。

    量産準備は整っているが

    DigiTimesが有料購読会員向けに配信したレポートによると、TSMCやASE Technologyは、iPhone12用5G mmWave AiPモジュールの量産準備が出来ているようです。しかしこれらのサプライヤーは、製品納入計画に関する明確な指示をまだ受けておらず、Appleからの連絡を待っている状態とのことです。

    量産開始、納入日の指示が出ていない

    Appleは、製品の製造にジャスト・イン・タイム生産方式を採用していると伝えられています。この方式を採用すれば、「必要なものを、必要な量だけ、必要なときに」調達して生産することで、余分な在庫を減らすことが可能です。よって、部品を供給するサプライヤーはAppleの指示に基づき、「何を、何個、決められた日時に」納入する必要があります。
     
    iPhone12シリーズの4機種全てが対応すると噂の5GのキーコンポーネントであるmmWave AiPモジュールの量産に向けた指示が、現時点でもまだ出ていないことから、サプライヤーは1カ月程度の遅れを予想しているようです。

    iPhone12の発売は10月以降か

    iPhone12シリーズの発売時期について、複数の予想が伝えられています。DigiTimesJP Morganジョン・プロッサー氏は、10月から11月と予想しています。
     
     
    Source:DigiTimes via AppleInsider
    Photo:Ben Geskin/Twitter
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次