トップページ > AirPods > 交換品AirPodsの一部、未公開版ファームウェア入りで出荷か
2020年4月9日 08時25分

読了まで 22

交換品AirPodsの一部、未公開版ファームウェア入りで出荷か


 
Appleが、AirPodsの交換品を、未公開バージョンのファームウェアがインストールされた状態でユーザーに配送していることが分かりました。

左右でバージョンが違うと使用できない

AirPodsの修理を依頼した一部のユーザーから、交換品として届いたAirPodsにファームウェアバージョン「2D3」がインストールされている、との報告が米メディアMacRumorsの読者フォーラムやRedditに相次いでいます。
 
問題に遭遇したユーザーは、交換品として届いたAirPodsの片方だけに「2D3」がインストールされており、左右でファームウェアバージョンが異なるために使用できない、と状況を説明しています。
 
AirPodsのファームウェアは自動でアップデートされ、前のバージョンに戻すことができないため、ユーザー自身で問題を解決することができません。
 
Reddit AirPods ファームウェア
 

公開直前で非公開になった「2D3」

Appleのサポートに連絡したユーザーは、担当者と話すのに数時間かかったうえ、問題は解決せず、もう一度交換品を送るがインストールされているファームウェアのバージョンは分からないと言われた、と述べています。
 
Appleのサポート担当者から、「2D3」は公開直前でバグが発見され、そのまま非公開になった、との説明を受けたユーザーもいます。
 
問題の報告は主にAirPods(第2世代)のユーザーから寄せられていますが、ごく一部、AirPods Proでも同様の問題が発生した、との報告もあがっています。

公開されている最新バージョンにもバグ

現時点でAirPods(第2世代)とAirPods Proのファームウェアの最新バージョンは、2019年12月に公開された「2C54」です。
 
なお、同バージョンではAirPods Proのノイズキャンセリング性能が低下するとの指摘があり、公開から数日で提供が中止されています。
 
AirPods ファームウェア
 
 
Source:MacRumors, Reddit
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる