トップページ > iPad Pro > 新iPad Pro、盗聴防止で物理的にマイク切断する機能を搭載
2020年4月3日 20時56分

読了まで 143

新iPad Pro、盗聴防止で物理的にマイク切断する機能を搭載

ipad pro


 
3月18日に発売された新iPad Proに、盗聴防止を目的とし、特定の条件でマイクロフォン(マイク)を切断する機能が搭載されていることが分かりました。

盗聴防止で物理的に切断

2020年型iPad Proに搭載されているマイク切断機能は、iPadに開閉型ケース(AppleのMFi認証を取得したもの)が装着され、かつ閉じられた状態で起動します。
 
この盗聴防止機能は新iPad Proが初ではなく、T2チップを搭載した2018年のMacBookで導入されたものです。ソフトウェアでマイクのオン/オフをコントロールするのではなく、ハードウェア上の仕組みで物理的に切断が行われるため、スパイウェアなどで盗聴することはできません。
 
このT2チップが導入された当時、Appleの正規サービスプロバイダー以外のサードパーティー修理をブロックする機能を持っていたことが発覚し、同社の高いセキュリティ意識が大きな話題となりました。

高パフォーマンスが話題

新iPad Proは11インチモデルと12.9インチモデルの2種類からなり、新A12Z Bionicチップを搭載、カメラは1,000万画素の超広角カメラ+従来の1,200万画素カメラ、拡張現実(AR)のためにのLiDAR深度スキャナー採用と、かなりのパフォーマンスが期待できるスペックとなっています。
 
ただし、Appleが近い内に発表予定と噂される紛失防止タグ「AirTag」用のU1チップについては、採用が見送られたようです。
 
価格は11インチモデルが84,800円、12.9インチモデルが104,800円となっています。詳しいスペックはこちらで紹介しています。
 
Source:9to5Mac
(kihachi)

カテゴリ : iPad Pro, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる