2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iOS14のコードから「探す」に新たな通知機能とARモードが追加されることが判明

    探す

    探す
     
    iOS14の初期ビルドを入手した米メディア9to5Macは、「探す」新たな位置情報の共有の通知機能と、拡張現実(AR)モードが使用できるようになることを突き止めました。

    iOS13で2つの機能が「探す」として統合

    iOS13で、「iPhoneを探す」と「友達を探す」が一体化し、「探す」として生まれ変わりました。
     
    「探す」では、あらかじめ設定しておいたAppleデバイスを探したり、友達や家族で現在地の共有や、紛失したデバイスの場所を把握することが可能です。

    新しくなる通知機能

    iOS14では、「探す」に位置情報の共有の通知が加えられ、特定の人物が指定された場所にスケジュール通り現れなかった場合、通知を受け取ることができるようになる見通しです。
     
    「探す」では現在すでに、特定の人物が学校などの場所に到着したとき通知が送られるように設定することが可能となっています。
     
    人物が目的地に現れないときにだけ通知が送信されるよう設定することができれば、子どもの通学に機能を使用する親にとっては通知の数の削減につながると考えられます。
     
    「探す」の新しくなった通知機能では、特定の人物がある場所を指定された時間よりも早く離れたときに通知が送られるよう設定することも可能となる見込みです。

    ARモード

    iOS14の「探す」では、ARヘッドセットでも機能するとみられています。AppleのARフレームワークARKitに、ヘッドセットモードがソフトウェアアップデートで追加される日も近いとされています。
     
    ユーザーはARを使うことで、Appleの紛失防止タグ「AirTag」を含める、より近くにあるデバイスの位置を視覚的に把握することが可能となるでしょう。
     
     
    Source:9to5Mac
    Photo:Apple
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次