トップページ > iPhone > iPhone12の発売、11月以降にずれ込む可能性
2020年3月20日 00時21分

読了まで 26

iPhone12の発売、11月以降にずれ込む可能性

iPhone12 ネイビーブルー
 
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、「iPhone12」の発売がかなり遅れる可能性があると、Wedbush証券のアナリストが顧客向けメモで報告しました。
 
またFront Page Techのジョン・プロッサー氏も、「iPhone12の発売は11月以降に遅れるかも知れない」とツイートしています。

iPhone12は今秋発売されない?

Wedbush証券のダニエル・アイブス氏は最新調査メモにおいて、コロナウイルスの感染拡大で「世界中がロックダウンに近い状況にあり、アジアのサプライチェーンの稼働がまだ完全に正常化していない」ため、5G対応のiPhone12が今秋発売されない可能性がある、と述べています。
 
アイブス氏は、当面iPhoneの需要が低迷するとの見通しから、2020年度のiPhone売上高予測を14%、2021年度の同予測を10%それぞれ引き下げています。

予測的中の人物は「11月以降」とツイート

また新型iPad Pro、新型MacBook Airが今週発売されるとの予測を的中させたプロッサー氏も、iPhone12の発売は11月以降に遅れる可能性があるとツイートしています。
 

5G iPhone12は存在するものの、かなり遅れている。11月まで登場しないかも知れない。

 


 
なお台湾メディア経済日報は、「iPhone12の発売は2021年に延期される可能性がある」と報じました。

 
一方、iPhone9(iPhone SE 2)については、同じくプロッサー氏が「量産体制に入った」とツイートしています。この情報が正しければ、iPhone9は春には発売されることになりそうです。

 
 
Source:BGR
Photo:EverythingApplePro/YouTube
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる