新型iPad ProはWi-Fi 6対応、新型MacBook Airは非対応

    iPad ProとMacBook Air

    iPad ProとMacBook Air
     
    iPad Pro(第4世代)は、最新規格Wi-Fi 6に対応していますが、新型MacBook Airは非対応で、FaceTimeカメラの性能も変わっていません。

    iPad Pro(第4世代)はWi-Fi 6に対応

    Appleが現地時間3月18日に発表したiPad Pro(第4世代)は、iPhone11と同じく、最新のWi-Fi規格であるWi-Fi 6(802.11ax)に対応しています。
     
    iPad Pro Wi-Fi 6
     
    Wi-Fi 6は、通信速度の高速化だけでなく、安定性、省電力性能、低遅延などの利点があります。
     
    2018年に発売されたiPad Pro(第3世代)はWi-Fi 5(802.11ac)までの対応でしたので、iPad Pro(第4世代)ではWi-Fi性能も進化しています。
     
    iPad Pro(第4世代)は、8コアのGPUを搭載したA12Z Bionicプロセッサに、6GBのRAMが組み合わされていることも判明しています。
     
    iPhone Maniaでは、iPad Pro(第4世代)を含む、iPadシリーズのスペックを比較できる特集記事も公開していますので、ぜひご覧ください。

    MacBook AirはWi-Fi 6非対応

    一方、iPad Pro(第4世代)と同時に発表された新型MacBook Airが対応するWi-Fi規格は、Wi-Fi 5のままです。
     
    MacBook Air Wi-Fi 5
     
    また、ディスプレイ上部のFaceTimeカメラは720pとなっています。
     
    MacBook Air FaceTimeカメラ
     
    なお、2019年秋に発売された16インチMacBook ProもWi-Fi 6には非対応で、FaceTimeカメラは720pでした。
     
    104,800円(税別)から購入できる新しいMacBook Airは、キーボードを不評だったバタフライ式から信頼性の高いシザー式に変更し、第10世代Intelプロセッサを採用して処理性能が向上しています。
     
     
    Source:Apple (1), (2) via MacRumors
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次