トップページ > 最新情報 > mineo、2月11日に発生した大規模通信障害の原因を発表
2020年3月12日 00時41分

読了まで 22

mineo、2月11日に発生した大規模通信障害の原因を発表

mineo
 
格安SIMサービスmineo(マイネオ)を運営するオプテージは、2020年2月11日夜に発生したmineoでのデータ通信障害について、原因と今後の対策を明らかにしました。

Aプランは最大29万件、D・Sプランは最大50万件に影響

2月11日午後7時34分ごろに発生したmineoの通信障害では、サービスエリアの全域において、データ通信サービス(Aプラン、Dプラン、Sプラン)および音声通話サービスが利用できない状態となりました。
 
復旧したのは、au回線のAプランが2月12日午前0時30分ごろ、ドコモ回線のDプラン、ソフトバンク回線のSプランは同午前1時30分ごろで、データ通信サービスのAプランでは最大29万件、Dプラン、Sプランでは最大50万件が影響を受けました。
 
音声通話サービスでは、特定のSIMを一部の機種で利用しているユーザーが影響を受けたとしており、ユーザーの利用端末を把握できないことから、影響件数は音声通話つきプランの契約数となる約27万件を最大として想定しています。

原因はユーザー情報管理サーバーへの一時的な負荷上昇

今回の障害は、au、ドコモ、ソフトバンクといった移動体通信事業者のネットワークに接続するオプテージの装置(PGW)において、偶発的な異常が2件同時に発生し、利用者との接続が一部切断されたことが原因です。これにより、ユーザー情報を管理するサーバーへの再接続要求が大量に発生、処理が輻輳したために今回の障害につながった模様です。
 
mineo 通信障害 原因
 
復旧にあたり、PGWからサーバーへの通信を切り離し、一時的にサーバーを経由しないルートに変更することで再接続要求の処理輻輳を回避。サーバーの負荷に問題がないことを確認し、通常運用状態へ順次回復させたとのことです。
 
今後はPGWからサーバーへの再接続処理に関する負荷を検証したうえで、サーバーへの新規接続要求に対して適切な制限しきい値を設定、処理の輻輳を回避するなどで再発防止を図るとしています。

 
 
Source:オプテージ
(asm)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる