2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple、「Powerbeats4」とみられるイヤホンのFCC認証を取得

    beats powerbeats4


     
    Appleが、Beatsブランドの「Powerbeats4」とみられるイヤホンの連邦通信委員会(FCC)の認証を取得した、と報じられています。

    イヤホンはiOS13.3.1の中のアイコンと酷似

    現地時間の2月27日に公開となったFCCの資料には、「ワイヤレスヘッドセット A2015(Wireless Headset A2015)」と名付けられたデバイスについて記されており、イヤホンのどの部分に規制情報が刻印されるかも示されています。また、高周波(RF)曝露(ばくろ)の試験の結果も添付されています。
     
    FCC認証に描かれているイヤホンは、今年1月にiOS13.3.1の中で確認されたBeatsブランドのイヤホンのアイコンと酷似しています。
     

     
    Powerbeats ProやAppleのAirPodsのデザインとは異なり、FCC認証のイヤホンには2つのイヤーバッズの間に接続ケーブルが取り付けられています。

    Powerbeats4である可能性が濃厚?

    接続ケーブルが存在し、Powerbeats3とPowerbeats Proの間のデザインであることから、イヤホンはPowerbeats4である可能性が高いとみられています。
     
    Powerbeats4では、iOS13.3内のコードの記載から、ハンズフリーの「Hey Siri」機能がサポートされるのではないかと推測されています。
     
    「A2015」というモデル番号は、Beatsブランドの製品にこれまで使用されたことはありません。Powerbeats3ワイヤレスイヤホンのモデル番号はA1747であり、Powerbeats Proのモデル番号は、左右のイヤホンとケースにそれぞれA2047、A2048とA2078のモデル番号が割り当てられています。
     
    FCC認証の取得は、製品が発売へと向かっていることを意味しますが、Appleが正確にどの製品をリリースしようとしているかはわかりません。
     
    Appleは3月に新製品発表イベントを開催すると噂されていることから、Powerbeats4がその他の製品と同時に発表される可能性は十分にありそうです。
     
     
    Source:FCC via AppleInsider [1], [2]
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次