トップページ > 使い方 テクニック > iPhone/iPadのSafariで使える「長押し」10の便利テクニック
2020年2月13日 00時07分

読了まで 348

iPhone/iPadのSafariで使える「長押し」10の便利テクニック

Safari 長押し 便利技 iPhone Mania
 
iPhoneやiPadの標準ブラウザ、Safariを「長押し」操作で便利に使えるテクニックを、米メディアMacRumorsが動画付きでまとめているのでご紹介します。

iOS13/iPadOSのSafariで使える長押し

iPhoneやiPadの標準ブラウザであるSafariには、「長押し」することで呼び出せるメニューや操作方法が隠されており、使いこなすとiPhoneやiPadでのブラウジングがさらに快適になります。
 
なお、「長押し」の長さは「設定」アプリの「アクセシビリティ」メニューから「タッチ」>「触覚タッチ」(もしくは「3D Touchおよび触覚タッチ」)で変更可能です。

 

1. 複数タブを一気にブックマーク

Safariで複数のタブを開いた状態で、画面下のツールバーにあるブックマークアイコン(開いた本のマーク)を長押しすると、「○個のタブをブックマークに追加」が表示されます。
 
Safari 長押し 便利技
 
このオプションを選択すると、新規フォルダへの保存が提案されますが、既存フォルダに保存することも可能です。

 

2. ブックマークフォルダの内容を一括コピー

Safariでブックマークのフォルダを長押しすると表示されるメニューの「コンテンツをコピー」を選択すると、ブックマークされているWebページのURLをまとめてクリップボードにコピーして簡単に共有できます。
 
Safari 長押し 便利技
 

3. Webページを高速スクロール

画面右端に出るスクロールバーを長押しすると、スクロールバーが少し太くなり、上下へのドラッグ操作で高速スクロールが可能になります。
 
Safari 長押し 便利技
 

4. タブを一気に閉じる

Safariのタブを開きすぎて1つずつ閉じるのも大変な場合は、タブのアイコン(正方形が重なったマーク)を長押しして、すべてのタブを閉じることができます。
 
タブが並んだ状態で「完了」を長押ししても同じです。
 
Safari 長押し 便利技
 
iOS13では、一定期間経過後にSafariが自動でタブを閉じる機能も追加されています。
 
「設定」アプリから、「Safari」>「タブを閉じる」で、閉じる時期を1日後、1週間後、1カ月後から選択可能です。
 
Safari 長押し 便利技
 

5. 閉じたタブを復活させる

タブを間違って閉じてしまった場合は、タブ一覧表示で画面下部に表示される「+」マークを長押しすると、「最近閉じたタブ」の一覧から再度、タブを開くことができます。
 
Safari 長押し 便利技
 
ただし、閲覧履歴が残らないプライベートブラウジングだと、この方法は使えないのでご注意ください。

 

6. ブックマークフォルダ内を新規タブで開く

ブックマークフォルダを長押しすると表示されるメニューから、「新規タブで開く」を選択すると、フォルダ内のWebページを新しいタブで一気に開くことができます。
 
Safari 長押し 便利技
 

7. プレビューの表示/非表示の切り替え

Webページ内のハイパーリンクを長押しすると、Webページを開かずにページの内容をプレビューすることができ、ページのスクロールなどはできませんが、ページ内容を簡単にチェックできます。
 
URLをコピーしたいだけで、プレビューが不要なら「プレビューを非表示」をタップすると、プレビュー表示は終了します。
 
Safari 長押し 便利技
 
プレビューの非表示設定を元に戻したい場合は「タップしてプレビューを表示」をタップします。
 
プレビューは、Safariで新規タブを開くときに表示される「お気に入り」でも同様に利用と設定が可能です。
 
プレビューではその時点のページ内容が読み込まれるので、為替レート計算ページを登録しておき、プレビューから簡単に為替レートをチェックする、などの使い方も可能です。
 
Safari 長押し 便利技
 

8. 複数ウインドウを1つにまとめる(iPadOS限定)

iPadOSでは、複数開いているSafariウインドウを統合することができます。
 
タブアイコンを長押しして表示される「すべてのウインドウを結合」をタップすると、Safariが1つのウインドウにまとまります。
 
Safari 長押し 便利技
 

9. リンク先ファイルのダウンロード

iOS13で利用可能になったSafariのダウンロードマネージャーは、長押しで呼び出し可能です。
 
ハイパーリンクを長押しすると表示されるメニューから「リンク先のファイルをダウンロード」をタップすると、ファイルのダウンロードが始まります。
 
Safari 長押し 便利技
 
ダウンロード後に、Safariの画面右上に表示される下向き矢印のアイコンをタップすると、ファイルを開くことができます。
 
なお、Webページへのハイパーリンクを長押しすると、リンク先のHTMLファイルなどをダウンロードすることも可能です。

 

10. タブを手軽に整理する(iPadOS限定)

iPadOSでは、複数開いているタブの1つを長押しすると、「タブをタイトル順に並べ替える」「タブをWebサイト順に並べ替える」などのメニューが表示され、タブをタイトルごとやWebサイトごとに並べて整理できます。
 
Safari 長押し 便利技
 

動画はこちら

MacRumorsが公開した、4分あまりの動画「10 Long Press Tips & Tricks for Safari in iOS 13!」はこちらでご覧ください。
 

 
 
Source:MacRumors
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる