トップページ > iPhone12 > Micron、5G対応iPhoneへの搭載が予想されるLPDDR5を既に出荷中
2020年2月8日 23時29分

読了まで 145

Micron、5G対応iPhoneへの搭載が予想されるLPDDR5を既に出荷中

Micron LPDDR5 low res

 
Micronが現地時間2月6日、次世代低電力メモリであるLPDDR5を既に出荷中であることを発表しました。この製品は5G対応の次世代iPhoneへの搭載が予想されています。

転送速度は50%速くなり、消費電力は20%削減される見通し

MicronのLPDDR5メモリではLPDDR4xメモリと比較して、転送速度は50%向上しながら消費電力の20%削減を達成したと発表されています。電力効率が向上したことで、バッテリー駆動時間の5%延長も実現しました。容量は6GB、8GB、12GB、データ転送速度は5.5Gbpsと6.4Gbpsの製品群が出荷されています。

最初の製品はXiaomi Mi 10に搭載、5G対応iPhoneへの搭載は?

MicronのLPDDR5メモリは、最初にXiaomi Mi 10シリーズに搭載されます。LPDDR5メモリについては2018年7月にSamsungが発表しており、今回出荷が開始されたMicron製LPDDR5と共に5G対応の次世代iPhoneに搭載されることが予想されています。
 
メモリ単体でも高い電力効率を実現しているLPDDR5ですが、2020年前半にはメモリコントローラを統合したマルチチップパッケージも提供されます。これにより、駆動時間と転送速度が更に向上します。2020年秋の発表が予想されている5G対応iPhoneへの、マルチチップパッケージの搭載が期待されます。
 
 
Source:TechRader, Micron
(FT729)

カテゴリ : iPhone12, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる