トップページ > iPhone12 > iPhone12の3Dプリントモックを検証〜厚さは現行モデルよりも薄め
2020年2月2日 20時05分

読了まで 23

iPhone12の3Dプリントモックを検証〜厚さは現行モデルよりも薄め


 
今年秋の発売が見込まれるiPhone123Dプリントモックを、未発売のApple製品情報の配信で知られるMacお宝鑑定団Blogが入手し、サイズ感の検証を行いました。

エッジ感の強いシャープな側面が特徴

2020年9月の発売が期待されているiPhone12のディスプレイサイズは、5.4インチ、6.1インチ、6.7インチになるとされていますが、Macお宝鑑定団Blogが手に入れた3Dプリントモックは5.3インチと、5.9インチ、6.4インチになっており、「信憑性は不明」と同メディアはコメントしています。
 
今回のiPhone12の3Dプリントモックについて特筆すべきは、デバイスの角のデザインです。iPhone11シリーズとは異なり、エッジ感の強いシャープな側面となっており、12.9インチiPad Pro(第3世代)を彷彿させます。
 

 
また背面カメラは、5.3インチと5.9インチモデルがデュアルカメラ、6.4インチモデルがトリプルカメラ搭載となっています。6.1インチのトリプルカメラ搭載モデルが発売されるとの噂もありますが、6.1インチに最も近い5.9インチの3Dプリントモックにはトリプルカメラ搭載バージョンは含まれていなかったようです。
 

厚さは現行モデルよりも薄め

iPhone12の3Dプリントモックの厚さは、7.4mm前後となっており、厚さが8.1mmのiPhone11 Proや、8.3mmのiPhone11と比べて薄めとなっています。厚さ7.3mmのiPhone8に近い薄さになると考えると良いかもしれません。
 

 
デバイス底のマイクとスピーカーの穴の数は、デバイスのサイズごとに異なっています。
 

 
5.3インチモデルのサイズ感は、iPhone SEとiPhone8の間となっており、5.9インチモデルはiPhone11とiPhone11 Proの間のサイズとなっています。
 
 
Source:Macお宝鑑定団Blog
(lexi)

カテゴリ : iPhone12, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる