トップページ > iPhone12 > iPhone12の筐体はiPhone11とほとんど同じに?
2020年1月21日 19時42分

読了まで 24

iPhone12の筐体はiPhone11とほとんど同じに?


 
2020年秋の発売が見込まれるiPhone12筐体デザインは、昨年のiPhone11とほとんど同じになる、とMacお宝鑑定団Blogが伝えています。

最もディスプレイサイズの大きなモデルは厚さが薄くなる?

今年のiPhoneは、カメラが異なる点のみが見た目の主なアップデートとなる可能性が浮上しました。Macお宝鑑定団Blogが中国のサプライヤーから内部情報を入手したとのことです。
 
6.7インチのiPhone12は、厚みが7.4mm前後になるとみられており、iPhone11 Pro Maxの8.1mmよりも薄くなる見通しですが、ベゼル幅は2mmと、デザイン的にはほとんど変わらないものになるとされています。
 
またiPhone12シリーズは、全てのモデルで有機EL(OLED)ディスプレイが採用される見込みです。

デバイス寸法についての情報も

iPhone12シリーズは、5.4インチモデル、6.1インチモデル、6.7インチモデルの3つのディスプレイサイズのモデルの発売が噂されていますが、それぞれのデバイスの寸法についての新たな情報が入ってきています。
 
5.4インチモデルの高さは、iPhone SEとiPhone8の中間となり、6.1インチモデルの高さはiPhone11とiPhone11 Proの中間、6.7インチモデルの高さはiPhone11 Pro Maxよりも若干大きくなるとみられています。
 
また、5.4インチモデルと6.1インチモデルのカメラは昨年のiPhone11とほとんど同じデュアルカメラ構成になる見込みですが、6.7インチモデルのトリプルカメラのセンサーサイズはiPhone11 Pro Maxよりも大きくなる可能性があると指摘されています。
 
一部アナリストたちはトリプルカメラ仕様の6.1インチモデルも発売されると予測していますが、Macお宝鑑定団Blogは今回存在を確認できなかったとコメントしています。
 
また、デバイス底のマイクの穴の数は、それぞれのモデルごとに異なる見通しです。
 
 
Source:Macお宝鑑定団Blog
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる