トップページ > Apple Watch > Apple Watchの側面をフラットにする技術、Appleが特許申請
2020年1月31日 08時28分

読了まで 154

Apple Watchの側面をフラットにする技術、Appleが特許申請

Apple Watch 特許


 
Apple Watch側面のDigital Crownをフラットなセンサーに置き換える技術の特許を、Appleが申請しました。将来のApple Watchは側面がフラットになる可能性があります。

Digital Crownがセンサーに

Appleが米特許商標庁(USPTO)に「ユーザー入力用光学センサーを持つ腕時計(Watch with Optical Sensor for User Input)」として、Apple Watch側面のDigital Crownをセンサーで置き換える技術の特許を申請しました。
 
特許申請書においてAppleは、現在のApple WatchでDigital Crownがある位置にセンサーを埋め込んだ図面を掲載しています。この技術が実現すれば、Digital Crownのぶん、Apple Watchの内部スペースに余裕ができ、他の部品を追加することが可能になります。
 
Apple Watch 特許
 
特許申請書には、光検出器、気温、光学、気圧、湿度、磁力、ジャイロスコープ、加速度など複数のセンサーを組み合わせ、生体センサーとして活用する技術が記されています。

Apple Watch Series 4では心電図取得も

Apple Watch側面のDigital Crownは、Apple Watch Series 4で触覚的な反応が可能になったのに加えて、心電図(ECG)を取得できるようになりました。
 
海外ではECG機能のおかげで一命を取りとめたというニュースがたびたび報道されていますが、残念ながら、日本では厚労省の認可が下りておらず、ECG機能は利用できるようになっていません。
 
Apple Watch Series 4 Apple 心電図
 
 
Source:USPTO via AppleInsider
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる