トップページ > おすすめアプリ > iPhoneで複数動画を同時撮影できるアプリ「Doubletake」が無料公開
2020年1月29日 01時28分

読了まで 250

iPhoneで複数動画を同時撮影できるアプリ「Doubletake」が無料公開

Doubletake by FiLMiC Pro
 
iPhoneのマルチカメラで同時に動画を撮影し、複数ウインドウを組み合わせられるアプリ「Doubletake by FiLMiC Pro」が無料公開されました。iPhone11シリーズのほか、iPhone XS/XS Max/XRで利用できます。

iPhone11発表イベントで披露された同時撮影機能、無料アプリで実現!

2019年9月のiPhone11シリーズ発表イベントでは、iPhone11 Proに搭載された背面3つ、前面1つのカメラで同時に動画を撮影しプレビューするデモが行われました。
 
FilmicPro Apple Event Sep 2019
 
この機能は、iOS13のAPIで実現されており、iPhone11シリーズだけでなくiPhone XS/XRでも利用可能と報じられ、話題となりました。
 
このデモを披露した、高機能動画撮影アプリ「FiLMiC Pro」で知られるFiLMiCが、複数カメラで同時に動画撮影できるアプリ「Doubletake by FiLMiC Pro」を無料公開しました。なお、同時撮影機能は「FiLMiC Pro」でも利用可能になる予定です。
 
「Doubletake by FiLMiC Pro」は、iPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxのほか、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRとiOS13以降の組み合わせで使うことができます。
 

 

複数カメラを好きなように組み合わせて動画撮影

「Doubletake by FiLMiC Pro」での動画撮影は、画面左下のカメラ選択ボタンを押して使用するカメラを選択し、撮影モードを選んで録画ボタンを押すだけで使えます。フレームレートを24fps〜30fpsから選ぶこともできます。
 
Doubletake by FiLMiC Pro
 
カメラは、iPhone11 Pro/11Pro Maxなら最大4個のカメラから2つを組み合わせて撮影できるので、自撮りと広角、望遠と超広角などの組み合わせが可能です。
 
「ピクチャインピクチャ」モードなら、風景と自分の顔をテレビのワイプ画面のように組み合わせて撮影できます。撮影中に、小画面の位置を変えたり最大化することも可能です。
 

 
「別れる(ディスクリート 編集注:Discreteは「分かれる」が正しい表記ですがアプリの表記は「別れる」となっています)」モードでは、同時に撮影した2つの動画ファイルが生成されます。インカメラとリアカメラを同時に使うと、インタビューなどの撮影に良さそうです。
 

 
「別れる(ディスクリート)」モードは、背面カメラ2つで同時に使うこともできます。超広角と望遠などの組み合わせで撮ると、表現力が一気に広がりそうです。
 

 
「画面を分割(スプリットスクリーン)」モードでは、2つの動画を左右または上下に並べることができます。
 

 

チュートリアル動画も公開

「Doubletake by FiLMiC Pro」の機能を紹介した、6分弱のチュートリアル動画も公開されています。
 
解説は英語ですが、画面のデザインは日本語版と同じなので、英語が苦手な方でも理解しやすいと思います。
 

 

Doubletake by FiLMiC ProDoubletake by FiLMiC Pro
カテゴリ:写真/ビデオ
現在の価格: 無料

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。
 
 
Source:FiLMiC, 9to5Mac
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる