トップページ > 最新情報 > iPad用の次期Smart Keyboard、シザー式キーボードを採用か
2020年1月22日 08時26分

読了まで 155

iPad用の次期Smart Keyboard、シザー式キーボードを採用か

Apple Smart Keyboard


 
iPad用の次期Smart Keyboardに、MacBook Proと同様にシザー式が採用される、と台湾メディアDigiTimesが有料会員向け記事で報じています。

著名アナリストの予測とは食い違う報道

AppleがiPadシリーズ用に販売しているSmart Keyboardの次期モデルでは、キーボードが現行のラバードーム式から、シザー式に変更される、とサプライヤーの動向に詳しい台湾メディアDigiTimesが報じています。
 
米メディアMacRumorsは、Apple関連の精度の高い予測で知られるアナリストのミンチー・クオ氏が、2019年7月に「Smart Keyboardはラバードーム式を継続する」と述べていることを挙げ、今回の情報をやや懐疑的に伝えています。
 
Apple Smart Keyboard
 

MacBook Proはバタフライ式からシザー式に

Appleは、2015年のMacBook以降、2016年からはMacBook Proでも筐体の薄型化が可能なバタフライ式キーボードを採用していました。
 
しかしバタフライ式キーボードでは、キーの下に小さなゴミやホコリが入るとキーボードが正常に動作しなくなるという問題が指摘されていました。
 
Appleは、バタフライ式キーボード問題を認めて謝罪し、無償修理プログラムを提供しています。
 
2019年発売の16インチMacBook Proでは、シザー式キーボードが採用されています
 
先日、ユーラシア経済連合(EEC)に製品情報が登録された、次期13インチMacBook ProやMacBook Airとみられるモデルにも、シザー式キーボードが採用されると予測されています。
 
 
Source:DigiTimes via MacRumors
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる