トップページ > 最新情報 > MacBookキーボード修理プログラムの詳細!
2018年6月27日 11時46分

読了まで 226

MacBookキーボード修理プログラムの詳細!

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

13inchmacbookprokeyboard
 
Appleは6月22日から、MacBookのバタフライキーボードの修理プログラムを開始しましたが、どんな問題があれば無償修理してもらえるのか、疑問を持っているユーザーも多いようです。
 
そうしたユーザーの疑問に対する答えを、米メディアMacRumorsが調査、まとめていますので、ご紹介します。

修理プログラムの詳細

  • 修理を試みた結果キーボードに問題が生じた場合でも、修理対象となる。キーボード問題とは関係なく、トップケースに不良がある場合も、修理してもらえる。
  •  

  • 水などの液体による不良は修理の対象外。
  •  

  • キーを押しても反応しない、べたつき感がある、キーがゆるいまたは外れている場合、正規サービスプロバイダーはキーボードの清掃または問題のあるキーキャップの交換を行う。
  •  

  • 英語(ANSIおよびISOレイアウト)、イギリス英語、フランス語、ドイツ語、オランダ語、イタリア語、スペイン語、スウェーデン語、中国語、日本語のキーキャップ交換用キットが用意されている。
  •  

  • 同じ文字が連続して入力されてしまう、あるいは以前交換したキーキャップに問題がある場合、キーボードをそっくり交換することになる。これにはトップケース、トラックパッド、スピーカーグリルも含まれる。
  •  

  • 修理センターで修理を行うため、5日から7日かかる。ただし交換を希望するユーザーが多ければ、修理時間がさらに延びる可能性がある。
  •  

  • 場合によってはApple Store内で修理を行う場合もある。その場合でも数時間はかかる。
  •  

  • 修理プログラムによって修理後も再びキーボードに問題が発生した場合、ユーザーは再度MacBookを持ち込むことができる(模様)。明確な指示はないようだが、複数回無償修理を依頼できる可能性がある。
  •  

  • 修理プログラムの開始前に対象モデルのキーボード修理を受けた顧客については、修理代金の返金を受けられるが、Apple Storeではなく、Appleサポートに電話、オンラインチャット、またはメールで直接問い合わせる必要がある。
  •  

  • 修理プログラムで交換してもらえるキーボードの設計が、これまでのものと同じなのか、それとも変更が加えられているのかは不明。
  •  

  • MacBook Proの2016年版については、2017年版のキーボードと交換していることをMacRumorsは確認しているが、同メディアが取材したGeniusの担当者は、両キーボードの機能は変わらないと認識していた。分解レポートで知られるiFixitも、キーボード設計はこの数年間変わっていないと述べている。

 

なお修理対象となるMacBookについては、iPhone Maniaの以前の記事でご紹介しているのでそちらを参照してください。

 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報, Mac  タグ : , , , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる