2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple、iOS13.3.1ベータでiPhone11での位置情報取得問題に対処


     
    iPhone11シリーズで、位置情報の取得設定がオフになっていても位置情報が取得されている件について、AppleがiOS13.3.1ベータ2で対処していることが判明しました。

    AppleはUWBチップが理由と説明

    iPhone11 Proでは、位置情報の取得を無効にしても、バッテリー残量の横に位置情報の取得を意味するアイコンが表示されることをセキュリティ研究者が指摘。Appleはこれに対し、「位置情報取得が完全に無効にならないのは、iPhoneが超広帯域無線(UWB)の使用が禁止されている区域内に位置しているかどうかを判断するためで、Appleはユーザーの位置情報を収集していない」と説明していました。iPhone11シリーズはUWB対応のU1チップを搭載しています。
     
    しかしAppleはその後、iPhone11シリーズのユーザーが、位置情報の取得を完全にオフにすることができる専用のトグルを設けるとコメントしています。

    iOS13.3.1ベータ2で新しいトグルが追加

    ブランドン・バッチ氏が、現地時間1月14日に公開されたiOS13.3.1ベータ2を調べたところ、「プライバシー」→「位置情報サービス」→「システム・サービス」の中に、新たに「ネットワーキングとワイヤレス」というトグルが追加されていることがわかりました。
     


     
    このトグルをオフにすると、「ネットワーキングとワイヤレスの位置情報サービスをオフにすると、Bluetooth、Wi-Fi、超広帯域無線(UWB)性能に影響を及ぼす可能性があります」との通知が表示されます。

     
     
    Source:9to5Mac
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次