トップページ > 最新情報 > Apple、iPhone11での位置情報の取得は「超広帯域無線を制御するため」と説明
2019年12月6日 18時23分

読了まで 150

Apple、iPhone11での位置情報の取得は「超広帯域無線を制御するため」と説明


 
セキュリティ研究者が、iPhone11 Proで位置情報の取得が完全に無効になっているにも関わらず、バッテリー残量の隣に位置情報の取得を意味する矢印のアイコンが出現することを発見しましたが、Appleがその理由をより詳しく説明しました。

最初はデザイン上の仕様であると説明

ITセキュリティジャーナリストのブライアン・クレブス氏は、iOS13.2.3がインストールされたiPhone11 Proで、位置情報が全く取得されない設定へと変更した後、それでも矢印のアイコンが表示されることを証明する動画を自身のブログ上に掲載しました。
 
クレブス氏がAppleに確認を求めたところ、「セキュリティへの影響はいっさいない。位置情報サービスアイコンは、位置情報サービスがオンになっているときに現れる。アイコンは、スイッチを持たないシステムサービスのため出現することもある」と、謎めいた答えが返ってきました。

UWBの制御が真の理由?

今回、AppleはiPhone11シリーズで位置情報の取得がオフになっていても、位置情報が取得される件について、より詳しい説明を発表しました。
 

超広帯域無線(UWB)は業界標準技術で、国際的な規制要件を満たす必要があり、特定の場所では遮断されなければならない。iOSは、iPhoneがそれらの禁止区域にあるかを判断するのに位置情報サービスを使用している。UWBを無効にし、規制を遵守するためだ。
 
UWBの規制遵守の管理と位置情報の使用は、すべてデバイス上で行われているため、Appleはユーザーの位置情報を収集していない。

 
 
Source:AppleInsider
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる