トップページ > iPhone12 > 2020年のiPhone12は最大6GBのメモリ容量を搭載可能か
2020年1月15日 18時32分

読了まで 156

2020年のiPhone12は最大6GBのメモリ容量を搭載可能か

iphone11 pro max


 
今年の発売が見込まれる5.4インチ、6.7インチ、6.1インチのiPhone12シリーズですが、メモリ容量は最大6GBとなる、とスイスの金融機関UBSのアナリストたちは予測しています。

背面カメラは3Dセンシング機能を搭載

UBSのアナリスト、ティモシー・アークリ氏とムンジャル・サハ氏によれば、2020年のiPhone12はすべて有機EL(OLED)ディスプレイ搭載となり、RAM容量は最大6GBであるとのことです。
 
上記の2人のアナリストたちは、iPhone12シリーズのバリエーションを以下のように予測しています。
 

  • 6.7インチのiPhone
  • トリプルレンズの背面カメラ+3Dセンシング、6GBのRAM容量を搭載
     

  • 6.1インチのiPhone
  • トリプルレンズの背面カメラ+3Dセンシング、6GBのRAM容量を搭載
     

  • 6.1インチのiPhone
  • デュアルレンズの背面カメラ、4GBのRAM容量を搭載
     

  • 5.4インチのiPhone
  • デュアルレンズの背面カメラ、4GBのRAM容量を搭載

UBSアナリストの予測内容は他社アナリストとも一致

UBSアナリストが予測するiPhone12のカメラ構成は、昨年12月に発表された著名アナリスト、ミンチー・クオ氏の予測とも一致します。
 
また、iPhone12のRAM容量が最大6GBになるとの予測は、昨年11月のBarclays証券のアナリストの考察と一致しています。
 
UBSが米国、ドイツ、日本、中国、米国の9,000人の消費者を対象に行ったアンケート調査によれば、22%が5G対応をスマホのアップグレード理由になると回答したことがわかっており、5Gは2020年のスマホの大きな焦点の一つになると期待されています。
 
 
Source:MacRumors
(lexi)

カテゴリ : iPhone12, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる