トップページ > iPhone12 > 「iPhone12」高速5G通信モデルの発売に遅れ?アナリストが予測
2020年1月7日 13時04分

読了まで 22

「iPhone12」高速5G通信モデルの発売に遅れ?アナリストが予測

4種類のiPhone MacRumors
 
iPhone12」と噂される、5Gに対応したiPhoneは2020年に発売されるものの、より高速なミリ波(mmWave)を使用するモデルの発売は2021年にずれ込む、との予測をアナリストが発表しました。

高速なミリ波モデルの発売は2020年末以降?

2020年の「iPhone12」について、著名アナリストのミンチー・クオ氏は昨年12月、4モデルが5Gに対応し、5Gサービスが提供される日本を含む地域ではミリ波とサブ6GHzの両方の周波数帯に対応したモデルが投入される、との予測を発表しています
 
しかし、Susquehannaのアナリストであるメディ・ホセイニ氏は、サプライチェーンの動向をもとに、2020年9月に発売されるiPhoneはサブ6GHzモデルのみで、ミリ波モデルの発売は2020年12月か2021年1月にずれ込む、との予測を発表しました。
 
ミリ波モデルの発売が遅れる理由についてホセイニ氏は、Appleが独自のアンテナモジュールの採用にこだわっているためだ、と述べています。

5Gで使われる2種類の電波

高速大容量で低遅延の通信が可能な5Gでは、大きく分けてミリ波とサブ6GHzの2種類の周波数帯が用いられます。
 
ミリ波は、1Gbpsの高速な通信が可能ですが電波の届く距離が短いという弱点があります。
 
サブ6GHzは、広い範囲に電波が安定して届くのが特徴で、ミリ波ほどの通信速度はありませんが、LTEよりも高速です。

1モデルは液晶ディスプレイ?

また、ホセイニ氏は5G対応モデルのうち1つは液晶ディスプレイを搭載する、と予測しています。同氏は、2020年にiPhoneの45%〜50%がOLEDモデルになり、2019年の34%から上昇する、とも予測しています。
 
なお、ミンチー・クオ氏は、2020年秋のiPhoneは全モデルが有機EL(OLED)になると予測しています。
 
 
Source:Streetinsider via MacRumors
Photo:MacRumors
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる